色々日記
模型の製作日記やその他日常を書きました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまつくオフ会

甲板上には色々と装備品があります、建造時期や場所も違うのですが
大戦中の艦艇に使われている物と同じ様なものが装備されています。
天窓や探照灯通風口などなど。
張り出し部分の裏も注目!
補強用の梁や、三角板、軽目穴のついた補強版、傾斜ラッタルの形、側面の長穴
大和製作の参考になります。

でも、気になったのは木甲板の取り付けパターンが大戦中の艦船と違い、
単純にズラシ貼りだったこと。
昔の艦はこうだったのか、それとも修復するときにこうなってしまったのか・・・・・・・・・
謎ですが。
その後、艦を降りカレー屋台で買い物をしたりブラブラしていると、
参加者の皆さんが「サイゼリア」にいると言う連絡がはいりました。
それでは合流しましょうと歩き出しましたが、「サイゼリア」ってどこにあるの?
場所が分かりません、傍にいた警備員さんに聞いても「地元じゃないから分からないよ~」
と言われ、屋根さんが連絡を取ってくれて、やっとの思いで到着。
サイゼリアでも大いに盛り上がり楽しかったオフ会も終了しました。
皆様、新参者である私を温かく迎えてくださりありがとうございました。
これからもよろしくお願いします

PB160029a.jpg









スポンサーサイト

コメント

三笠の場合、甲板上の構造物や艤装品の多くは第二次大戦後に復元されたものだから注意が必要ですね。操舵室とその上に載っている測距儀も戦後のものですし。
ラッタルも艦橋に付いているのは復元で、この写真の場合、オリジナルは下のほうに写っている二つだけです。
【2008/11/23 16:13】 URL | 絵塗師 #km62nynQ[ 編集]
絵塗師さん
そうなんですか、てっきり当時の物が付いているものと思っていました。
戦後に復元されたものとは・・・・・・・・驚きです。
【2008/11/23 23:12】 URL | つな吉 #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

つな吉

Author:つな吉
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。